• ログイン

    メールアドレス
    パスワード

  • 商品を探す

    カテゴリーから
    商品名を入力

  • 取り扱い商品

    • ミネラル原液
    • 宅配温泉 プチスパシリーズ
    • コスメ すみ染桜 shanteena
  • 定休日のご案内

    2018年12月
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31
    2019年1月
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31

若年化が心配!?花粉症によるアレルギーやアトピー体質の悩み

少し前まで花粉症は、スギやヒノキの花粉が飛散する春先に起こることがほとんどでした。しかし、近年ではキク科のブタクサ、イネ科のホソムギなど様々な種類の花粉に反応してしまう方が多くなり、1年を通して花粉症が問題視されています。こうした花粉症が起こるのは、どのようなメカニズムがあるのでしょうか。

花粉症になるのはなぜ?

花粉症になるのはなぜ?

人間の皮膚・粘膜には、外部からのウイルスや異物の侵入を防ぎ、身体を守ろうとする免疫機能が備わっています。

そこに花粉のような異物が侵入すると、それを排除するためにIgE抗体を放出し、迎え撃つために粘膜下組織や結合組織であるマスト細胞の表面に結合させます。この待機しているIgE抗体が花粉に反応すると、かゆみの原因であるヒスタミンが放出されるため、身体が過剰に攻撃態勢をとるアレルギー反応を起こすのです。

口・鼻から花粉を吸い込んだ場合は、くしゃみや鼻水といったアレルギー反応。皮膚に付着した場合は、目がかゆくなる他、肌荒れや炎症など、アトピー性皮膚炎を悪化させることがあります。

花粉症が招くアレルギー・アトピーの体質に悩む人は若年化している

花粉症に悩む人は年々増えており、それも「若年化している傾向にある」と言われるのです。子どもの花粉症は遺伝によるものが多く、大人と同様にくしゃみや鼻水、目のかゆみなどが起こります。小さい子どもは我慢できずに手でこすってしまうため、ご両親はこの改善されない現状に悩むことが多いと聞きます。花粉症で悩むご家族を少しでも守るために、まずはできる対策から始めましょう。

花粉症に対処する方法

花粉症に対処する方法

花粉症によるアレルギー・アトピーを防ぐためには、まず徹底して花粉を寄せ付けないことが大切です。外出時にはマスクやメガネを装着し、髪の毛は束ねる、または帽子をかぶって対策をしましょう。服装も毛羽立つものは避けて、なるべく表面がツルツルした素材を選ぶのが好ましいです。帰宅時は室内に入る前に全身を軽くはたいて花粉を落とし、手や顔をしっかり洗ってください。

また、花粉症は身体の中から対策するのも重要で、通販を利用してサプリや食品を取り寄せる方法もあります。積極的に免疫細胞を助けるアミノ酸、粘膜を強くするビタミンA、皮膚や粘膜を守るビタミンB群やビタミンCなどの摂取も大切です。

ミネラル原液の通販は皆様の健康をサポートするものとして、お役に立てると考えております。天然の緑盤岩を細かく粉砕したミネラル原液は、年齢や体質に関係なくご利用頂けるのが特徴です。

お役立ちコラム

通販でミネラル原液をお探しの方は「株式会社ユーピア」へ

サイト名 GUEST VILLA 逢桜
住所 〒633-2421 奈良県吉野郡東吉野村小川876
TEL TEL 0746-42-1248 FAX 0746-42-1249
URL http://www.youpia.jp

PAGE TOP