• ログイン

    メールアドレス
    パスワード

  • 商品を探す

    カテゴリーから
    商品名を入力

  • 取り扱い商品

    • ミネラル原液
    • 宅配温泉 プチスパシリーズ
    • コスメ すみ染桜 shanteena
  • 定休日のご案内

    2018年12月
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31
    2019年1月
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31

日本の国民病“アレルギー(アトピー・花粉症)”について

肌や呼吸器にさまざまな症状が出るアレルギー(アトピー・花粉症)とは?【アレルギー反応とアレルギーの種類】

アレルギーが肌や体内に影響を与えるイメージ画像 肌や呼吸器にさまざまな症状が出るアレルギー(アトピー・花粉症)とは?【アレルギー反応とアレルギーの種類】

アトピー花粉症、鼻炎、気管支喘息、食物アレルギーなど、アレルギーには様々な種類があります。

アレルギーはI型・Ⅱ型・Ⅲ型・Ⅳ型と4種類に分類され、それぞれ免疫機構や抗体の種類の違いによって起こる反応が異なります。一般的にアレルギーと言われているアトピーや花粉症、鼻炎、気管支喘息、食物アレルギーなどはI型に分類されます。

また、I型はアレルギーを引き起こす原因のアレルゲンが身体に侵入してから早い段階でアレルギー反応が起こるため、「即時型」と呼ばれています。

肌や目がかゆいのはアレルギー!?アレルギーの原因とは【肌や目に不快な状態が続いたらアレルギーかも】

アレルギーによる肌や目のかゆみイメージ画像 肌や目がかゆいのはアレルギー!?アレルギーの原因とは【肌や目に不快な状態が続いたらアレルギーかも】

私たちの身体にはもともと、体内に免疫という身体を守るための防御システムが備わっています。ウイルスや細菌といった異物が体内に侵入してきた際、それらを撃退してくれるのです。このような身体を守る防御システムが備わっているのに、なぜアレルギーは起こるのでしょうか。

それは、有害な異物を排除するために必要な働きをする免疫が過剰になり、花粉や食べ物など身体に害を与えないものまで有害物質と認識して反応してしまうからです。本来なら身体を守るはずの免疫が、逆に自分自身を傷つけてしまう反応がアレルギーとなります。

や目がかゆい、鼻がつまるなど不快な状態が続いている場合、もしかするとそれはアレルギーかもしれません。

アレルギーの増加傾向【ミネラルの不足した食生活を送っていませんか?】

アレルギーで悩んでいる方の数は年々増加傾向にあります。子どもだけでなく、大人も多くの方がアレルギーに悩まされています。その理由は、現代人をとりまく食生活の変化です。

住環境の大きな変化によりアレルギーを引き起こすアレルゲンの量が増加し、食の欧米化により栄養が偏ったため、アレルゲンとなるタンパク質の摂取量が増加しています。他にも、環境汚染やストレスなど、現代社会は昔と比べてアレルギーの要因があふれているのです。アレルギーで悩んでいる方はアレルギー対策として、まずは食生活の見直しから始めてみてはいかがでしょうか。

ミネラル不足とアレルギーの関係【ミネラル不足を改善し、アレルギーに強い皮膚を】

昭和40年代、日本は高度経済成長期に入り、大量生産・大量消費による飽食の時代を迎えました。日本の農法が有機農法から化学肥料や農薬を使う無機農法に切り替わった事で、農作物からミネラル類が徐々に失われ、文科省が5年に一度発表する日本食品分析によると、この頃より根菜類のミネラル含有率が三分の一にまで低下して来たと警鐘を鳴らしています。

この頃を境に生活習慣病ともいえるアトピー性皮膚炎・花粉症が急速に増え始め、今や国民病と言われる花粉症に至っては4人に1人が発症しているという状況です。あらゆる動植物の根幹栄養たるミネラル類摂取不足により、今後益々これら生活習慣病の類は増え続けると予測されています。

28年間、四半世紀に亘り、現代病の数々の発症とミネラル摂取不足との因果関係を検証の結果、長期に亘る摂取不良が年齢を問わず耐え切れなくなり発症に至る経緯を辿ると言えます。これら症状は病気と捉えるのではなく症状であり、薬で治すのではなくミネラル類補給により、頑丈な皮膚組織を作り発症を防ぎ症状改善につながると言えます。

『ミネラル源液』は3万ppmもの超高濃度を有しており微量摂取で不足分を補うことができます。最大の特徴は必要元素(栄養素)がバランスよく含有していることです。ミネラル類摂取に当たり留意しなければならないのは摂取バランスです。特に亜鉛と銅(6~7対1)・カルシウムとマグネシウム(3対1)の摂取に関して国際的、国内的にも摂取基準が設けられており、そのバランスを崩す摂取は危険と言わざるを得ません。幸いにも『ミネラル源液』のバランスは国際・国内基準にほぼ合致していますので危険性はありません。さらに鉄分の含有が高くイオン化されていて、その殆どが吸収されますので、鉄分を多く必要とする女性にとっても最適な摂取方法と言えます。飲用による習慣性・後遺症・副作用はありません。

このミネラル摂取により特に皮膚形成に欠かせない亜鉛の補給は脆弱(過敏)な皮膚を強固(鈍感)な皮膚にすることにより過敏・過剰反応を抑え改善に繋げる事になると思料します。

これらの症状は病気とはとらえておりません。医学界では、『これら症状の特効薬はない』と言い切っております。原因があっての結果です。現代病の数々は農法の切り替えによるミネラル類摂取不足の結果と言えます。

健康や美容などをサポートするものとして、ミネラル原液がお役に立てれば・・・という想いが私たちの願いです。ミネラル原液についての詳しいパンフレットもありますので、ご希望の方はお気軽にご連絡ください。

肌に影響を与える、アレルギー・ミネラル不足に関するお役立ちコラム

ミネラル原液を提供する「株式会社ユーピア」

サイト名 GUEST VILLA 逢桜
住所 〒633-2421 奈良県吉野郡東吉野村小川876
TEL TEL 0746-42-1248 FAX 0746-42-1249
URL http://www.youpia.jp

PAGE TOP